以前流行した「にがり」ダイエット

もう何年も前のことですが、まだ私が学生の頃に「にがりダイエット」なるものが流行りました。

「にがり」とは豆腐を作る際に固める役割を果たすもので、簡単にまとめると海水を煮詰めて塩分をぬいたものです。

この「にがり」ですが、お通じが良くなるということでダイエット目的の使用のため爆発的人気になりました。

もともとスーパーなどで普通に売られていたのですが、

この人気のため欠品が続き、私が手に入れたのは人気から数ヵ月たった頃でした。

私のにがりの使用方法は、

お米を炊くときに数滴たらしておく。

お味噌汁を飲むときに1滴たらす。

朝のコーヒーにも1滴。

と、水分があるものには割りと何にでも入れていたと思います。

そして実際ににがりを使用しての効果ですが、もともとすごい便秘に悩まされていたのが嘘のように、お通じがよくなり、何となく肌の調子も良いように感じていました。

肝心の体重も若いからか、にがり使用前から半年ほどで5kgも落ちていました。

もちろん授業などで軽い運動はしていましたが、本当に嬉しかったです。

ところが、ある日

にがりは体にとって良くないという噂が広がり、きちんとした詳細も分からぬまま使うのをやめてしまいました。

毎年、色々なダイエット方法が話題にあがりますが

にがりほど簡単でお手軽なダイエットはなかなかないなと思います。