日々の代謝を上げるため、定期的な運動を心がけました。

普段の食事は、朝食にヨーグルトとバナナとお腹に軽く満腹感を得られるよう水分を摂取します。仕事中、小腹が空く時は、できるだけ席を離れてトイレなどに向かい、歩く歩数を増やすなどして、気晴らしをしています。それでも口さみしい時に、大きめの煮干しを嗜好品のように食べるほか、サラミやカロリー控えめの食品などを買って、よく噛んで顎を動かしています。昼食は、毎日おにぎりと手のひらサイズのおかず入り弁当箱。前日の残り物で、野菜を中心にお腹を満たします。ただ、物足りないこともあるので味噌汁などを飲んで休憩中などの水分の取りすぎを控えるようにしました。休憩中も、できる限り午後の業務に集中できるよう5分?10分の昼寝を必ずしてから業務に移ると、お腹の満足感と休息できているので、小腹が空くことなく午後まで迎えることができています。業後は、できる限り一駅歩く習慣のほか、デパートを歩いて気分転換、また小一時間ジョギングをこなしています。大体週の目標は20キロから30キロをこなし続けてきています。それらを続けた結果、健康診断では毎年1キロほど体重が減り続けて、4年ほど前は18%ほどの体脂肪から、12?14%程度の筋肉質な体になりました。